残念なプリンター

今年の‎9月に会社のプリンタ(複合機)のリース契約が終了したので新機種に入れ替えました。朝から4人でやってきて設置・設定をしてくれたのはいいのですが、初日からいきなり故障してしまい、結局使えるようになったのは17:00からでした。それからコンスタントに毎月1~2回のペース​で故障しています。先月と今月(12/2)、同じ理由で印刷で​きなくなったのですが、その原因は静音モードで冷却ファンの回転を抑​えていたからだそうです。トナーを定着させるモジュールは高温に​なるのですが、そのモジュールの前に埋め込んである赤いトナーの容器が溶けて回​転しなくなるのでエラーとなり全機能(FAXまで)停止するとのこと。はて、静音モードとは一体だれのためにあ​るのでしょうか。25℃くらいの環境で静音モードにすると故障するのだとしたら、室温を一体何度まで下げればいいのでしょうか。​寒い部屋で事務系の仕事をする人はいないと思います。人がいなけ​れば静音にする必要はないのですが。今までの故障率からすると今​月はあと2回故障しても驚かないです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック